ブログへのご訪問ありがとうございます。 ランキングへ参加しています
宜しかったらポチポチとクリックしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
人気ブログランキングへ

2010年09月15日

一杯のお茶にもさりげない心配り!

お茶の間は、お客様をお迎えする場でもあります。

お客様には飲み物を一杯お出ししますが、

暑い時には、時間をかけて水出ししておいた冷たい煎茶を。
寒い時には、たっぷりと注いだ熱々のほうじ茶を入れておもてなしをする。

それぞれおいしいお茶を入れるには、お茶の種類とお湯の温度が大切です。
湯飲みも陶器(土で焼いたもの)と磁器(石を焼いたもの)では、熱伝導が違います。

熱伝導率が低い陶器は熱しにくく冷めにくく
熱伝導率が高い磁器は熱し易く覚め易いです。

そこで熱湯をたっぷり淹れて楽しむほうじ茶や番茶は陶器で淹れ
旨みたっぷりの玉露をひとくち味わう時は、お茶の緑色が映える白い磁器で入れると
お茶のおいしさを色と旨みで両方味わうことができますね。


一杯のお茶にもさりげない心配りが日本茶の良いところではないでしょうか。


ポちっとクリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ

人気ブログランキングへ

posted by ティーラブ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。