ブログへのご訪問ありがとうございます。 ランキングへ参加しています
宜しかったらポチポチとクリックしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
人気ブログランキングへ

2010年06月05日

玉露とは

玉露は煎茶の一種で栽培方法に特徴があるお茶です。

玉露は、収穫の前に2週間ほど新芽にわらなどの覆いをして

薄暗い中で栽培した茶の葉で作ったお茶です。


八女星野村 伝統本玉露

八女星野村 伝統本玉露

価格:3,000円(税込、送料別)



稲わらで茶園を覆う伝統的な技法で作られた玉露で福岡県八女地方の玉露を伝統本玉露と呼びます。

わらで覆う事で煎茶の旨味のアミノ酸が増加して渋みの原因の

カテキンのタンニンが減少して香り良く高級茶です。


玉露のおいしい淹れ方

急須はこぶりの物でお湯を急須に入れてお湯を冷まし次に湯冷ましに移します。
湯冷ましが無い時は、湯冷ましの変わりにマグカップなどでも代用できます。
そのお湯を人数分の茶碗に移します。

急須に玉露の茶葉を大さじ2杯くらい入れて茶碗のお湯の温度が
50度くらいになったら急須にお湯を注ぎます。
お湯の量は、茶葉が浸る程度。
2分くらい待って茶碗に注いでいきます。
最後の1滴まで注ぎきるのがポイントです。


2煎目はお湯の温度を上げ待つ時間を短くして淹れます。
高温で淹れることでお茶の渋みが出て1煎目とは違うお茶を味わうことができます。
玉露のおいしさを味わう為に人手間かけ時間をかけておいしい玉露を楽しんでみませんか。



ポちっとクリックしていただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ

人気ブログランキングへ
posted by ティーラブ at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
玉露にも、伝統本玉露というものがあるのですね。
一度いただいてみたいものです。
学生時代の友人が、かぶせ茶園を経営しており、もっぱらこの時期は
かぶせ茶の新茶をいただきます。
60度抽出ですが、玉露のようなまったりしたお味が好みです♪

Posted by スマイル at 2010年06月06日 02:39
スマイルさんご訪問、コメントありがとうございます。
私も、玉露の甘さでゆっくりとお茶の味を味わうって好きですね。
お友だちから新茶で学生時代のことなど思い出す時期かもですね。
Posted by みき at 2010年06月06日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。